ようこそゲストさん

DustBox

再会

2009/02/03ログ
14:59 川原雅: こんにちは。生活ゲームにまいりましたー
14:59 芝村: 記事どうぞ
14:59 川原雅: 予約者の名前】03-00046-01:川原雅:FEG
【実施予定日時】2009/02/03/15:00〜16:00
【ゲームの種別】生活ゲーム
【イベントの種別(時間):消費マイル】
 ・1時間:20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
 ・仟葉昇:個人ACE:
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計33マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・03-00046-01:川原雅:0マイル:入学済

http://p.ag.etr.ac/cwtg.jp/bbs2/26328
誕生日枠をいただいています。
15:00 芝村: イベントは?
15:01 川原雅: 暗号で連絡のあった場所に行こうとおもいます。その際に現在護民官活動をしているはずのPLACE着用は問題ないでしょうか?
15:01 川原雅: マンイーターにかかってる可能性があり、まずそうならやめておきますが。
15:01 芝村: いやまあ、マンイーターにかかってないやつ、いないから。
15:01 芝村: 心配要らない。
15:02 川原雅: それはACEも含めてですかねー? ではPLACEでいこうと思います。
15:03 芝村: はい。2分まってね
15:07 芝村: /*/
15:07 芝村: ここは無名騎士藩国だ。
15:07 芝村: 荒涼とした廃墟が広がっている。
15:08 川原雅: 人影はなさそうでしょうか。指定のポイントまでは歩いていきます。
15:09 芝村: 歩いた。
15:09 芝村: 向こうに一人。昇がいる。
15:09 川原雅: 「昇さん」
15:10 芝村: 昇:「元気そうでなにより」
15:10 川原雅: 「そうでもないです」
15:11 芝村: 昇:「大丈夫?」
15:12 川原雅: 「…共和国に病気がはやってて、みんな感染してるみたい。ああ、それより、会えて良かった」
15:12 芝村: 昇:「軽々しくライフサイエンスを解禁するからさ」
15:13 芝村: 昇:「自業自得だよ」
15:13 川原雅: 「そうね」
15:14 芝村: 昇:「……僕も、会えてよかった。失敗してすまない」
15:14 芝村: 昇:「次はうまくやる」
15:14 川原雅: 「何を?」
15:15 芝村: 昇は何も言わない
15:16 川原雅: 近づいて手をとります。 「あのね」
15:16 芝村: 昇は貴方を見ている。
15:17 川原雅: 「色々問題山積みで、今だってみんな病気で死にそうになってるけど、それより…」
15:17 川原雅: 「あなたのことが心配だった」
15:17 川原雅: 「ずっと…会いたかった」
15:18 芝村: 昇:「ありがとう。でも僕は……病気にはなれないから」
15:19 川原雅: 「強くなってるって聞いた。無茶なことしてるって…」 あ、涙がでてきた
15:20 芝村: 昇は貴方に触るかどうか迷った後、結局髪に触った。
15:22 川原雅: 「あなたが何をしてるのかわからないけど…ううん、ほんとはとても怖いけど。でも…」
15:22 芝村: 昇:「無茶は、しないよ。約束する」
15:23 芝村: 昇は静かに聴いている。
15:23 川原雅: 「悪い男とつきあってるって言われたけど。でも・・・あなたが好き」
15:24 芝村: 昇:「悪いのはどっちだか・・・。ありがとう」
15:25 川原雅: 「病気で死んでいいそこねたらばけて出そうだから言いに来たの」 涙目のまま微笑みます
15:25 芝村: 昇:「僕の身体から無毒化酵素は取り出せると思う」
15:27 川原雅: 「是空さんが自分の身体で抗体つくってるそうだから、協力してくれるなら…。あ、あの…一緒に行ってくれる?」
15:27 芝村: 昇:「それは出来ない」
15:27 芝村: 昇はナイフを取り出した。
15:27 芝村: 自分の腕を切った。
15:27 川原雅: 「何故?」
15:27 芝村: 血が流れている。
15:28 芝村: 昇:「敵となれあうつもりはない」
15:28 川原雅: う、何かいれもの・・・
15:29 芝村: 昇はスポイトで血を採った。
15:29 芝村: 封をして貴方に渡した。
15:29 川原雅: 「ありがとう」
15:30 川原雅: 「でも敵、なのね…」
15:31 芝村: 昇:「民衆まで敵にしたつもりはない」
15:33 芝村: 昇は、貴方の頭をなでた。
15:33 川原雅: 「止めてもだめ?」
15:34 芝村: 昇:「君は、僕を自由にさせると思う」
15:35 川原雅: 「…うん。したいようにしてほしい…でも、戦ってほしくもないよ」
15:37 芝村: 昇:「なるべく避ける。最後の、瞬間までは」
15:39 川原雅: 溜息ついて
15:39 芝村: 昇は貴方をなでた。
15:40 川原雅: 「わかってたけどね…、でも電話は盗聴されてるし、どこにいるかわかんないし連絡とれないし…」
15:40 川原雅: 「ばか」
15:40 川原雅: 抱きしめますよ
15:41 芝村: 昇は貴方を抱きしめた。
15:41 芝村: 昇:「なるべく連絡をとる」
15:43 川原雅: 「うー・・・やっぱり一緒に来てくれないとやだ」 小さい声で
15:43 芝村: 昇:「・・・」
15:43 芝村: #ちょっと考えた
15:44 川原雅: #かんがえるのかよ!(笑)
15:44 川原雅: 「猫相手に泣いてたんだからねっ」
15:47 芝村: 昇:「すまない」
15:48 川原雅: 「もう…ほんとにばか」
15:51 芝村: 昇はすごーく悩んだ後、
15:51 芝村: 貴方を抱きしめた。
15:51 芝村: /*/
15:51 芝村: はい。お疲れ様でした。
15:51 川原雅: おつかれさまでした
15:52 川原雅: つ、つかれた・・・貰ったものは是空さんのところにもっていきますねー・・・
15:52 芝村: はい。
15:52 川原雅: 昇さん結局もどってはこなかったんでしょうか
15:53 芝村: まあ、戻れないよ
15:53 芝村: 重罪人だし
15:53 川原雅: それはそうですが
15:53 川原雅: しょうがないなー
15:53 芝村: ははは。
15:54 川原雅: でれろっていわれたのででれてみました(やや未遂)
15:55 芝村: 評価は+1+1でした。
15:55 川原雅: はい。
15:55 芝村: 秘宝館には1、1で依頼出来ます。
15:55 芝村: では解散しましょう。おつかれさまでした
15:55 川原雅: ありがとうございました。