桜の時


今まであたしがしてきた事 間違いじゃないとは言いきれない
だけどあなたと会えたことで すべて報われた気がするよ

降ってくる雨が迷惑で しかめっ面したあたしに
雨上がりの虹を教えてくれた
ありがとう

春が来るとこの川辺は 桜がめいいっぱい咲き乱れるんだ
あなたは言う あたしはうなずく

右手をつないで 優しくつないで 真っ直ぐ前を見て
どんな困難だって たいした事無いって言えるように
ゆっくり ゆっくり 時間を超えて
また違う幸せなキスをするのが
あなたであるように

今まであたしが覚えてきた 手のひらの言葉じゃ足りないほど
つたえきれないいとしさに 歯がゆくて 虚しくて 苦しいよ

まぶたの上に綺麗な青 薄い唇に紅をひき
色づいたあたしを 無意味なものにしないで

憧れだったその背中 今は肩を並べて歩いてる
もう少しだけ信じる力ください

気まぐれにじらした 薬指も慣れたその手も
あたしの心のすべてを 動かしつかんで放さないもの

限りない日々と めぐりめくる季節の中で
いつも微笑んでいられる
2人であるように

春が終わり夏が訪れ 桜の花びらが朽ち果てても
今日と変わらずあたしを愛して

右手をつないで優しくつないで 真っ直ぐ前を見て
どんな困難だって たいした事無いって言えるように
ゆっくり ゆっくり 時間を超えて
また違う幸せなキスをするのが
あなたであるように